*

バリュー・クリエーションとは?

バリュー・クリエーションは弊社独自の価値創造理論です。

どのような業種のどのような企業においても、「企業の価値」とは「新しい価値を生み出す力」のことです。

また経営者であれ従業員であれ、「優秀な人材」とは「新しい価値を生み出せる人間」のことです。

価値創造はあらゆるビジネスの根幹であり、あらゆるポジションの人間を「人材」たらしめるための根源です。

弊社は独自の理論とメソッドにより、あらゆる企業を「新しい価値を生み出す企業」に変え、あらゆる従業員・経営者を「新しい価値を生み出せる人材」に変えます。

それが「バリュー・クリエーション理論」です。

バリュー・クリエーション理論の根幹は「価値観」です。

どのようなビジネスも商品(製品やサービス)をお客様に購入していただくことで成り立っています。

その購買行動はライフスタイルの上に成り立っていますが、ライフスタイルは価値観の上に成り立っています。

つまり、あらゆる人間はそれぞれが独自の「価値観」を持ち、その価値観の上に「ライフスタイル」を選択・構築し、そのライフスタイルを満たすために商品を購入するわけです。

価値観と購買行動.001

 

したがって、企業が新しい価値を生み出すため(それが本来のマーケティングの仕事です)には、ターゲット(顧客、あるいは潜在顧客)の価値観を把握し、どのような価値観の上にライフスタイルが成立しているのかを知り、どのような商品であればそのライフスタイルを満たすのかを知る必要があります。

しかし、現実のマーケティングにおいては、この価値観にフォーカスすることなく、価値観の変化にも気づかず、あるいは無視して行われているのが実態です。

生活者の価値観の変化を無視してマーケティングを行うから、たとえば今の若い女性においては恋愛の価値観が低いにもかかわらず、若い女性向けの恋愛ドラマを作り視聴率を稼げないという失敗を繰り返すのです。

あるいは、自動車メーカーは今の日本の若者がクルマに関心がないから、若者がクルマを買わないことに危機感を感じて、なんとか若者にクルマを買わせようとさまざまなマーケティングを行っています。しかし、今どきの都会の若者の「クルマに乗らない」というライフスタイルがどのような価値観から来ているのかを理解しなければ、有効なマーケティングはできません。

その価値観を理解していないから、たとえば「若者は音楽が好きだから、音楽を楽しめるクルマを作ろう」とか「若者にクルマの運転の楽しさを伝えよう」などの間違ったマーケティングを行うわけです。

たしかに、いつの時代の若者は音楽が大好きですが、その音楽の意味は時代によって変わります。若者の価値観が変われば、音楽の意味も変わるのです。

たとえば80年代は、日本の若者がもっともクルマを買った時代だと言われます。たしかに当時の若者は、借金してでもクルマを買いました。

その理由は、当時の若者のもっとも高い価値観は「恋愛」であり、デートのためにはクルマが必要な時代だったからです。

そして、ドライブ・デートのためには女の子受けするBGMが必要。というわけで、高品質なカーステレオが必要でしたし、音楽もデート用の音楽が必要だったわけです。

しかし、今の時代の若者は恋愛の価値観が低い。したがってドライブ・デートもしないのでクルマも必要がない。これが、若者がクルマを買わなくなった真の理由です。

クルマがないと生活ができない地方都市の若者はクルマを買いますが、これは生活必需品として買うので、安くて燃費の良いクルマがいい。だから軽四ばかりが売れるのです。

このような傾向は実は20年前からハッキリと表れていましたが、自動車メーカーは「若者の価値観がどう変化して、それがクルマの購買行動にどう影響を与えるか?」という発想ではなく、「どうすれば若者にクルマを売れるか?」という発想でしかマーケティングを行ってきませんでした。しかし、この二つの発想はまったく違います。価値観の変化を正確に把握しなければ、根源的なマーケティングは成立しないのでs。

しかし、人間の価値観を知ることはかなり困難なことです。

生活者に「あなたの最高の価値観はなんですか?」などとアンケートを取っても、本当の価値観は出てきません。

そもそも人間は、自分の本当の価値観を、自分自身でも理解していないことが多いのです。

ですから、普通に調査しても生活者の本当の価値観は分かりません。

弊社では独自の理論により、生活者の「本当の価値観」を見いだします。

それが、「バリュー・クリエーション」の根幹となる理論です。

「バリュー・クリエーション」では、生活者、顧客、潜在顧客の本当の価値観をあきらかにしたうえで、その価値観を満たすための商品開発、プロモーション戦略を実現します。

詳細についてはぜひお問い合わせ、ご相談ください。

お問い合わせ、ご相談はこちらのフォームから。


公開日:
最終更新日:2015/08/03

insight
女性活躍推進のための新メディア「ガールパワー・インサイト」リリース!

女性支援NGO「ガールパワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」は、

csr
CSRの定義とは?

CSRの定義とは? CSRとはなにか? この問いに対する答えは

05fd64d8418df668819ba095d4ec83e5_s
そもそも「新しい価値創造」とは何か?

企業の本質は「価値の創造」 企業の本質とは「価値の創造」です。

Kiev, Ukraine - February 21, 2012: A logotype collection of well-known world brand's printed on paper. Include Google, Mc'Donald's, Nike, Coca-Cola, Facebook, Apple, Yahoo, Nikon, YouTube, Adidas, Amazon.com, Unilever, Twitter, Mastercard, Samsung, Canon and Starbuck's logos.
ブランディングの本質とはなにか?

Kiev, Ukraine - February 21, 2012:

→もっと見る


  • 女性支援NGO「ガール・パワー」がプロデュースする、新時代の女性向けマガジン「ガールパワー・インサイト」。 ウェブサイトはこちら

  • 女性支援NGO「ガール・パワー」では、企業さまの女性活用推進のお手伝いを行っています。 ウェブサイトはこちら
  • 価値創造や社会貢献に関するさまざまな情報をお届けする竹井善昭のメルマガです。ぜひご購読ください。 下記より登録できます。 竹井メルマガ登録フォーム

  • 社会貢献を志すすべての人のために。社会貢献という生き方を選ぶすべての人のために。社会貢献でメシを食うための方法を徹底解説。ソーシャルビジネスやCSRの考え方から、すぐに使えるヒント、アイデアまで。学生から企業人、そしてNPO・NGOスタッフまで。これ一冊で社会貢献のすべてが分かります。
    社会貢献の入門書として、大手外資系コンサル会社や中央官庁などの社会貢献系部署で必読書となっているロング・セラー。
    Amazonで購入

  • 英語やロジカル・シンキングだけでは世界では通用しない。真のグローバル人材になるために必要なことは何か? 誰も書かなかったその本質を徹底解説。
    Amazonで購入
PAGE TOP ↑